mamano小岩(ママノ小岩)

高断熱・高気密がもたらす快適空間

壁の断熱材を厚くすることで
外気の冷気や熱気をシャットアウト。
暖房器具を使用した際には足元まで温かく、
室内温度にムラができにくくなります。
「ママノ小岩」では、UA値=0.6となっており、
これは東北地域(3地域)と同レベルの断熱性です。

夏の場合
冬の場合
ママノ小岩はUA値0.6これは東北地域に多く見られる「3地域」と同レベルです。UA値とは?外皮(壁・窓・天井・床)全体からの熱の逃げにくさを表す値 ママノ小岩はUA値0.6これは東北地域に多く見られる「3地域」と同レベルです。 UA値とは?外皮(壁・窓・天井・床)全体からの熱の逃げにくさを表す値
気密測定

気密性

いくら断熱性を高めたとしても、気密性が低くては意味がありません。
ハウセットでは完成した物件の気密測定を行っています。

気密性とは?

気密とは屋内と屋外の隙間を表す数値です。この数字が大きければ大きいほど隙間があいており、せっかくの温かい(冷たい)空気が漏れてしまいます。断熱性も重要ですが、この気密性が高いからこそ1年中快適な暮らしができます。

床暖房なら空気を汚さず、ホコリを舞い上げることなくお部屋全体を暖めるので、小さいお子さまのいるご家庭でも安心。

外気の影響を特に受けやすい屋根・1階床部分には高性能の断熱材を使用しています。

樹脂とアルミの良さを融合させた「高性能ハイブリッド窓」を採用。冷気を伝わりにくくし、結露も起こしません。※2

壁の断熱材を厚くすることで外気の冷気や熱気をシャットアウト。暖房器具を使用した際には足元まで暖かく、室内温度にムラができにくくなります。※1

断熱効果を発揮する「Low-E複層ガラス」を標準装備。室内の熱を逃しにくく暖房効果を高めます。また、夏場は熱気や紫外線もカット。

※1 掲載データは、一定の仕様・条件下での測定の一部であり、住宅の仕様・生活スタイル・立地条件・測定条件等によっては異なったデータとなる場合があります。
※2 平成28年省エネルギー基準 建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率(一般複層ガラス/Low-E複層ガラス(空気層10mm以上))

安心とお得を両立させた
住宅性能。

大切な家族が最も長い時間を過ごす場所である
「家」だからこそ、
もしもの時にも安心して
暮らせる場所でなければなりません。
ママノ小岩は高い耐震性能と
省エネ性能を合わせ持つ快適住宅です。

安心の「耐震等級2」

耐震等級とは建物の強度を表す1つの指標で、第3者機関の評価により3段階に分かれています。 [耐震等級2]建築基準法の1.25倍の耐震性災害時の避難先に指定されている
学校や病院などの建物の基準に相当します。耐震等級2だと地震保険30%割引[耐震等級2]建築基準法の1.25倍の耐震性災害時の避難先に指定されている
学校や病院などの建物の基準に相当します。耐震等級2だと地震保険30%割引

省エネで光熱費もお得に

建築コストが上がるため建物価格はかかりますが、日々の光熱費が削減できるため、35年間の生涯住居費は高性能住宅の方が安くなり、さらに健康で快適な生活が送れます。

お問い合わせはこちら